2010年10月10日、埼京線でジャズのようにとうとつに結成されたおなら系3人組“=3=3=3”の活動メモがここに記録されてゆきます。主な活動内容はおならzine制作、ファンシーテロなど。
“=3=3=3”の読み方は「プププ」でよろしくどうぞ。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
1/12(土)=3=3=3プレゼンツ「おなら解放区 @ノットピラーブックス」with 水のゆめ!


 新年あけましておめでとうございまーす
☆::*Happy-New-Year*::☆

ラメ子でーす!


新春早々、おならクルー=3=3=3(プププ)の3人が
今週末に何やら楽しい集まりを企画してるみたいダヨ。
場所はなんと!スチャダラパーBOSE先生もお忍びで通う
京都の最先端スポット「NOT PILLAR BOOKS」で〜す!

この日かぎりはお店もおなら解放区!とばかりに
おならにまつわるエトセトラを大放出するんダッテ〜
部室?いやピクニック?みたいな感じで
わいわいやってるから、お近くの方はぜひぜひ遊びにきてネ

--------------------------------------------
=3=3=3プレゼンツ
「おなら解放区! in NOT PILLAR BOOKS」
--------------------------------------------
日にち 2013年1月12日(今週土曜日だよ!カミングスーん!!)
じかん 12時から17時ごろまで(だいたい)
場所  NOT PILLAR BOOKS(出町柳駅から徒歩1分)
http://notpillar.com/

おなら解放区イメージ絵!こ〜んな感じィッ

♡出しもの
・いも判ワークショップ/ふかし芋(たべる用)
・おならzine「PU」壁展示
・屁みくじ
・おなら図書(閲覧可能〜)

♡音響

♡スペシャルゲスト
・・・話題のZINE「水のゆめ」作者のひとみさんが
お手製の人形劇を実演!
=3=3=3に合わせてテーマがオナラの新作を作ってくれたんダッテ。
どんなお芝居かなぁ。楽しみ〜


ひとみさんの以前やった人形劇はここで見られるヨ!
人形劇というか紙芝居というか、立体版ポエトリーリーディングというか。。。
もう口では説明できない新しいジャンルのパフォーマンスなの。
ラメ子、ひとみさんには天性のサムシングがある気がしてならないノ。

お茶やお菓子も用意しておくネ!
待ってまーす!!!!






明日は”ぢぃ散歩”/TOKYO GRAFFITI SANPO
 ヘロゥ、ラメ子だよ〜
 やいやい!明日はみんなナニしてる? 
 ラメ子はね、もちろん「ぢぃ散歩」だよ!
 日曜の午後はもっぱらコレ!え?「ぢぃ散歩」、知らないノぉ?

コレデース!

 

覆面ライター・Gぃ書き男(じぃかきお)こと「Gぃさん」ととともに
ディストピアTOKYOを見おさめレクイエムしながら歩くお散歩GIG「ぢぃ(G)散歩」。
街のあちこちに書かれた、さまざまなライターのサインやGRAFFITIスタイルを
Gぃさんが解説しながら、斜めがけバッグで元気にお散歩してまいります。
もちろん買い食い、寄り道ありのゲリラ散歩です。


「Gぃさん」はこんな人!かわい〜☆彡☆彡☆彡

Gぃさんはこんな社会を日夜夢見てるんダッテ。
TOMとも知り合い?!



楽しみダネ〜。ラメ子はGぃさんのアシスタントしてあげるノ!
いつもよりチークを濃いめにしてオシャレしちゃおッ
ウフフ♡
明日天気にな〜あれ☆彡








明日はジンスタギャザリング!
わたしたち、「=3=3=3(プププ)」は、TOKYO ZINESTER GATHERING(zineを作る人、zineを読む人が集まって交換・即売するお祭り)に、出展したいがためzineを作ることにした寄せ集めの3人組。こんなこと書いたら嫌われる、こんなことわざわざ語るべきことではない、そんなささいなものこそzineにするのにうってつけ!
思ったら即その場で書いて、コンビニでコピーしたら、それはまさしくzineになる。
そう思ったらすぐそうなれるのがzineの素敵なところ。

明日は、わたしたちも1年ぶりにをzineをつくって(すぐ次号を作るといってちっとも作らなかった)再び今年もzinester gaheringに参加します。去年と同じことをなぞれることがなんだかとてもうれしいワ!
プププも最初はたったの3人だったのに、1年経ってみて、ずいぶんたくさんのプププフレンズができました。今回新たに作ったzineにはプププフレンズたち登場してます。
会場では、ラメ子とバンプがまるで狛犬のように鎮座aka店番しておりますので、お時間あったら是非あそびにいらしてくださいね。

★=3=3=3(プププ)ブース 出店予定
・【zine】おならzine「Pu vol.1」 (昨年作ったもの。増刷しました) 
【zine】おならzine「Pu vol.1.5」(最新号) 
「リアルへこき嫁」グラビアが表紙!モデルはNU★MANの新星このみちゃん。
【zine】「築地tweets」
プププフレンズ・
坑くんが1年かけて採集した築地の落書きをcottonkyaoが編集・発行。限定20部。
・【バッチ】へこき嫁バッチ
・【展示】RAMEKO GRAFITTI
プププフレンズ・ZESTくんがなんとラメ子ステンシルをボム!
ラメ子と“あの殿様”との合体ステンシルも・・・。
・【体験コーナー】ラメ子stencil型 
好きな布を持ってくれば、その場でラメ子パッチがつくれちゃう!
 
・【体験コーナー】嫁ミゼラブル from アトミックサイト
・【寸劇】「majiでhey!する5秒前」(出演・ラメ子、バンプ、C子)
・【フード】お赤飯
and so on・・・



2011年11月26日(土) · 14:00 - 22:30
@桜台pool
桜台駅から徒歩3分・練馬駅から徒歩10分

出展:
Lilmag
Irregular Rhythm Asylum
=3=3=3
gloriabooks
夕タン'sパーク21
アニメーション総合文化研究所
なでろうと三角みづ紀
POPDROME SERVICE
原田企画
すずえり出版
numoto akiko
…ほか

・14:00スタート
・入場無料(ただしワンドリンク・オーダーお願い)
・ブース出店募集(は締め切りました!)
(先着15組まで。出展料1000円。敷物やテーブルは各自でご用意を。)
・出店枠からもれてしまっても、自作のジンを移動しながら/立ちながら、配布/販売するのは自由です。見本誌展示コーナーもあり。
・ジン制作作業スペースあり
・フリーの作品を自由に置ける(万置きコーナー)あり

ラメ子 「絶対キテ!こないとおならしちゃうんだから=3=3=3!!」




ウォンテッド!屁ひり女房

ねえさん、事件です!
なんと、なんと!毎日のように閲覧していたまんが日本昔ばなし「屁ひり女房」の動画がyoutubeから突然削除され見れなくなってしまったのです!!!


(クリックで拡大!)



文芸・沖島勲さん(映画監督。『一万年、後....。』など)による「チラッとみてはニコッ!」とお互いを見つめては照れて頬を赤らめる、嫁ごと兄さの初々しさを、ダイコンでも柿でもなんでもこい!とばかりに自らの尻を突き出すあの勇ましくも愛らしい嫁ごの構えを、もうみれないなんて。
そりゃあ人様の著作物が不正な手続きでアップされていたものかもしれないけれど、長らく親しんで自分の心に深く染みこんで愛してきたものがこんなメッセージとともに突然姿を消えてしまうのは、なにか心にぽっかり穴があいたよう。
嫁ごの動画をここでみれなかったら、おならzineも生まれませんでした。
わたしの可愛い嫁ごはいったいどこへ!?



「チラッとみては・・」


「ニコッ!」


「チラッとみては・・・」


「ニコッ!」





こんなにわたしたちは好き合っていたじゃないか。
嫁ごよ、いったいぜんたい、どこへいっちまったんだい!?



「コットンさん、残念だけど。さよオナラ」



(cottonkyaori)
bori、映画でおならする!の巻
 大ニュース!

=3のおなら写真家・boriが俳優「とんとろとん」として映画『堀川中立売』に出演!
早速吉祥寺バウスシアターの爆音上映にライドンしてきました。

安倍さん(安倍晴明)から呼び出され、空からおっこってきて「ブッ!」と屁をこくというキュートな役。boriにピッタリーーー
監督にきいたら出口王仁三郎をイメージしてて、「オイニー三郎」という名前だそうよ。
オイニー三郎が校庭に足で描いた五芒星があの世とこの世をつないで、京都にサイキックウォーズの口火を切ってしまうのだから重要な役!屁をこいてるけどね。


予告編はこちら! 冒頭からboriが「オイニー三郎」かましてます。





タイトルの「堀川中立売(ほりかわなかたちうり)」は京都の地名。
晴明神社のすぐそばだよ。
石井モタコ(オシリペンペンズ)と山本剛史が演じるヒモとホームレスのボンクラコンビがが怪物化した京都市民たちをドタバタコントのテンションでバッタバッタと倒していく奇想天外奇妙奇天烈な映画です。
なにものにも形容しがたいおもしろさだけど、後半の場面がコロコロいれかわっていくところは「ピーウィーの大冒険」をおもいだしたよ。
柴田剛監督は「カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ」みたいな感じを目指していたらしい。なつかしいなおい!



無能な男二人組の珍道中って弥次喜多ものとか古典からいろいろあるけど、どの時代でもどの国でも観客の胸をときめかせるものですね。なぜでしょうか?
無価値なものが無自覚のまま秩序をカオスに変貌させる快感があると思う。
だからストーリーはまじめに追っちゃだめ。画面そのままを子供みたいに受け入れて、笑ったり、反発したり、同調したり、つっこんだり、ライブ演奏にあわせて一緒に踊りたくなるような楽しみ方をしたくなる映画です。
音楽は「neko眠る」が担当してたりおもしろいバンドがそれぞれ曲を提供してるよ。
ぜひ一杯ひっかけて映画館に参戦することをおすすめします!

(cottonkyaori)

=3 とは






さかのぼること1ヶ月前、2010年10月10日。わたしたちは深谷へいった。


かつて造り酒屋だったという廃墟跡で映画をみた。
地元のフィルムコミッションが活用し、いろんな映画や撮影隊を受け入れている。
その日は酒蔵のなかで映画祭がひらかれ、その年そこで撮影された映画たちが上映されていた。

そこで撮られた映画をそこで観るのは、地消地産の野菜を食すような
純粋なよろこびと新鮮な驚きがあった。

おそうめんのように麺がほそいしょうゆラーメンをいただいた。
やさしい味の煮ほうとうをおわんになみなみいれてもらった。
まだあるよ!と発砲酒をどんどんさしだされて。
たくさん、笑った。よく遊んだ。

 
帰りは終電。埼京線で1時間半ほどゆられていた。
わたしたちはその時とうとつに結成された3にんぐみだった。
思いつきの3にんぐみ。
この3人でなくてはならない理由はまったくなくて
プププとほくそ笑んでいたら偶然三角形△になった。

瞬間湯沸かし器のような衝動は
自作の壁新聞を教室に張り出して発表しちゃう一人よがりな小学生に近い。
“そう”思えばすぐさま“そう”なるのだ。
それゆえ憑き物はいっさい予告なしに落ちる運命にあるのでしょう。

どうはじけていくか、はたまたどうしぼんでいくのか。
=3におこった出来事がここに記録されている。
(いや、記録されていきます。か)

10年後、20年後、いや50年後、さらにその先の未来のどこか
わたしたち3人とも死んでいるような先の世界で
突如このページが化石のようにみつかり
古代の人々の地球の思い出として誰かとプププと笑える日があればいいね



どうぞよろしく


(cottonkyaori)